雹(ひょう)が降る    

6日(火) 晴れ
早朝4時頃に雷と雨の音で目が覚めうとうとしていると、急に強風が吹き出して雨音に混じりカチン、パチッ‥‥‥小石が当たっている音と、遠くでゴ~~と異常音。窓を開けると米粒の2倍ほどの雹が降っていた。我が家は2,3分で止んだが近辺ではキャベツや白菜などの農作物に相当な被害が出ているらしい。
d0141987_18551350.jpg

 アイワ研究会々員の津村さんの所は短時間だったが小指の頭ほどの雹が降ったという、短時間だから果実に傷付くほどのこともなかろうと楽観視しているが、被害見えてくるのは数日後だからな~~。

 3km程離れた道横の白菜畑です。隣の収穫直前のキャベツ畑は半分以上は商品価値がゼロと嘆いていた。御坊の街中では車庫の塩化ビニールの波板を使っているお家はあちこちで穴があいたとの噂。
d0141987_2249243.jpg
d0141987_22492393.jpg

by ojirimasako | 2012-11-06 10:15 | 農村生活 | Comments(0)
<< 雹その後      生協まつり          ... >>