しかの被害

13日 曇り
グループでやっている本年度の有機JAS認証の提出の会合があった。
その中にアイワの会員でもある有田の九鬼さんから梅雨の底以上に憂鬱な鹿害の話し。
「最近は、僕の下の畑が放置園にしたということでそこを食べつくしたのか、柵やトタンを壊してまで、畑にイノ
シシ、猿、鹿が頻繁に来るようになった」と以前からよく話していたが、昨日その畑に行ったら鹿がみかんの木
の皮を食べ、見た目はサルスベリの木の皮肌のようになって信じられないと写真を見せてくれた。
最近では野生の動物も山の中より里に降りて来たほうが楽に暮らせると思っているのかな?
 そういえば数日前もTVでどこかの駅前にイノシシが出没すると報じていて、「まさか~~」って暢気に視ていたが、笑いごとではすまないようになってきたのかも。
d0141987_1845366.jpg

by ojirimasako | 2014-07-13 18:48 | 温州みかん | Comments(0)
<< はち くまぜみとクワガタ >>