田代暢哉先生の本  

7月13日晴れ

 デコポン研究会から「病虫害の防除ーラクして減農薬」の本を届けにきてくれる。さっそく読んでみるとどこかで聞いた話で、こんな事知ってるよって思い、著者を見ると3年前にアイワ研究会から視察に行った佐賀果樹試験場の田代暢哉先生だった。
d0141987_8433311.jpg

 デコポン研究会は町内のデコポンの栽培農家の集まり、農薬を減らそうとか環境を守ろうとしているのではなく、普通栽培でただ技術を上げようと勉強している集まりなので、農薬を減らして作業とか農薬代を減らすのが目的。だが普通債倍をしている農家も農薬を減らす方向の向かっているのはうれしい限りだ

by ojirimasako | 2008-07-12 08:17 | 農村生活 | Comments(0)
<< せみ    ハチを見ない   >>