有機JASの甘夏畑で   

2月12日(木)晴れ 暖かいヨ、春だ~

 有機栽培の甘夏、枯れた木を根っこの方で折ると発見!、~~ゴマダラカミキリの幼虫が・・それも!大きなのが二匹も出てきたではないか。
 きっとこの木は、数年前から枯れ出してきているので、ほかの枝にも虫は入っているのであろうかわいそうに、もっと早くに見つけて駆除しておけばよかったのにな~と後悔している。
d0141987_14204843.gif

 しかしだ・・・有機栽培園なので農薬散布が出来ない、カミキリ駆除の方法はといえば、私がしているほじくって、針金で引っ張り出す?原始的なやり方が、一番木にはいいと思っている。
以前に何もしないでほったらかしておいた木は枯れてしまっている。
4年前くらいから自分で「カミキリバスター」と言って(笑)カミキリの吐き出した大鋸粉を見つけては駆除してきたが、この木も数年前は有機甘夏がたくさんできていたのにな~・・・
                            書き込んだのは百姓5年目のおばちゃんでした
by ojirimasako | 2009-02-12 14:36 | 温州みかん | Comments(0)
<< 春を告げる蕗の薹   梅満開とネーブル    >>