<   2009年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日食

7月22日(水) 雨のち曇り

今日は46年ぶりの皆既日食とか、TVも朝からにぎやかに放送している。
外に出て、空を仰ぐと雲が厚~~い、おまけに時々小雨が~~~
それでも一瞬でも見れたらと、観測用眼鏡なんて無いので溶接用の面を用意しておいた。
11時過半頃、雲が蔽いお天道さんは見れそうもない、いつの間にか周りががしーーんとしてして、時々小鳥の声が聞こえるのが余計に静かさを引き立てている。朝からあれほど煩かったセミも全く声を出さなくなっていた。
この薄暗くて静寂の世界を、太古の人達がどれだけ恐れおののいた事だろう。

日食は見られなかったが、自然に対する感覚は昆虫も人間同じなんだな~~って感じさせてくれました。

夕方、友人にこの話をすると「山の中での暮らしと都会と全く感覚が違うのだな~」って。もしかして自分は野生動物の部類かも‥‥‥‥。

by ojirimasako | 2009-07-22 22:26 | 農村生活 | Comments(0)

寒川の梅   

7月11日(土)

 貰ってもらった梅みそが好評だったので再度作りたいと思ったが、近辺では収穫は終わってしまっている。
梅の先生の谷口さんに聞くと日高川上流の寒川では 今が梅の出荷最盛期だとか?
早速知り合いに電話してもらって、みかん摘果を終えてから走り相手先に着いたのが夜の9時になってしまったが、先方も丁度梅の選果作業を終えた所だったので気持ちよく頂けた。

 早速今朝から梅みそを作りだすが、どの梅も何と種の小さ事ヨ。電話で谷口さんに聞くと、例の如く理論の通った納得のいく説明をしてくれた。文才のない自分には谷口さんの説明を上手く書けないのでイラつくが‥‥‥。 
 和歌山県の「南部の梅」がブランド品で有名だが、品質としてはこの寒川の梅はそれ以上に種が小さく果肉が厚い。以前は良かった南部地方も温暖化の影響で、冬の温度が高くなりだんだんと種が大きり、奥地の梅と品質差が出てきたようだ。すばらしい梅を見つけた感動から、来年は寒川の梅で梅干しや梅みそを作るぞ~~~~。
by ojirimasako | 2009-07-11 22:26 | Comments(0)