栽培講習会  

9月21日(日)晴一時雨で変な天気

 昨日、三重県伊賀で「土と水の学校・有機栽培講座」の案内が生協よりあり、アイワ研究会より4名で出席しました。

講師の小祝政明先生

d0141987_1257955.jpg
 伊賀有機農場のオクラ畑

さっそく谷口さんが感想を書いてくれました。
現地研修 &講師先生のご講義(導入編・初級編)と言え、初級土壤編では実用的で参考になりました。
・植物が養水分を吸収するメカニズムについて、私たちが学んで来た養分吸収のメカニズムから一歩も二歩も時代は進み、解明されている事を知りました。…単純にアンモニア態~硝酸態に変化して吸収する…と基本的に理解していましたが、…時代は進歩して肥料の形態を選ぶ時代になっていました。
 要するに施した肥料形態によって、無駄が多く(化成肥料)非効率的だ…と言うのです。 
 奨める肥料形態は…微生物の力を借りてそしゃくされた上質のボカシ肥料が有利で…
吸収メカニズムは…施した肥料は…土壌中で
・固形タンパク(タンパク質)が酸素を吸収して炭酸ガスを排出、ペプチド~アミノ酸態~アンモニア~硝酸態へと土壌中で変化して、植物が吸収出来る過程をたどるのですが、効率よく吸収させるには(ペプチド~アミノ酸)の範囲の過程で、その肥料の殆どが吸収出来る形態にそしゃくされた肥料がベストで、こうして吸収させる事で、植物の生育展開は飛躍的に向上し、収量を4倍程度までに向上させ、しかも、光合成効率が良く成分含量(栄養価値が高い)も多く、健康的で丈夫な作物を作る事が出来る…との進歩したお話でした。
 要するに化成肥料ではなく、発酵肥料(ボカシ肥料等…)を使う事で、肥料を効率的に吸収させる…と言うお話でした。…現実を考えて見ますと、「有機質肥料(魚粉や海草・菜種粕)をボカシ肥料にして使用する…それに加え、Ca・Mg・Mn &微量要素のFe・Mo等の施用を忘れず、対応する必要があるとの事で、一方、講師先生は葉面撒布の効果を認めようとはしませんでしたが、上記処方箋を参考に今後対応する園地を作り試して見たく考えています。
現実の私たちの園地土壤環境は…実行している草生栽培、…特にイネ科のメヒシバやエノコログサ等を積極的に生やし周年、草が枯れ…セルローズを供給して、土壤を団粒化させる環境は出来ていますので、後は…有機質肥料をボカシにして供給する体制を整えれば良いと考えます。
…少し復習をして見ました。
 今後共、お力添えをお願い申し上げ、大変お世話になりました事に感謝します。
                                           
                                                 谷 口

                                                      
# by ojirimasako | 2008-09-21 12:27 | アイワ研究会 | Comments(0)

有機JAS勉強会 明恵上人  

9月14日(日)晴

 有機JAS認証のみかん栽培勉強会が開かれ昼から園地周り。有機JASの栽培者は少なく年に2,3回開かれるこの会は参加するたびに何らかの得る所があるので極力出席するようにしている。
 今回の園地見学は橋本、紀ノ川、有田と広い範囲を回ったので走行距離(約150km)だけが伸び園地をゆっきりみる事が出来なかったのは残念だった。

d0141987_9361841.jpg
        急斜面の園地                  

d0141987_9382079.jpg
          勉強会              

 19時より解散地近くの有田川町で「明恵上人・月を愛でる会」が開催されるので、時間まで明恵上人の生誕地等を訪ねる。
 明恵上人の講演も聞き応えのある内容、月も少しかすんではいたがきれいな満月、充実した1日で感謝、感謝。
  「あかあかや あかあかあかや あかあかや月」 明恵
d0141987_9385064.jpg
          明恵誕生の地

d0141987_9391461.jpg
          修行の地                
# by ojirimasako | 2008-09-16 09:00 | Comments(0)

デコポン潅水と草刈り   

9月9日 晴

 今年は日照りと雨がまずまずの間隔だったので、デコポン以外は潅水をすることがなかった。
 デコポンは糖度を高くするより酸をいかに上げないかの栽培方法なので夏の干魃はどうしても避けなければならないので、今年になり3度目の潅水を今日から始める。
 デコポンの潅水はじっくりとしめらす為、畝の溝に貯まるように水を流している。流れなければならず、流れすぎると貯まらないので、草刈りをして刈った草を溝に敷いている。丁度草刈りをしなければならない時期だったが、暑さで作業が辛く躊躇していたが今回は刈らざるを得なくなり日照りが動かない園主の尻を叩いてくれたのだ~ (>_<) 

 
# by ojirimasako | 2008-09-09 23:28 | Comments(0)

果実     

9月8日(月) 晴

 晴が続いている割りに晩柑類の玉伸びが順調。
 長らく書いていなかったので画像のみ見てネ
d0141987_9585189.jpg
         はっさくは伸び過ぎかな?

d0141987_1004253.jpg
          デコポン
# by ojirimasako | 2008-09-08 23:01 | 農村生活 | Comments(0)

環境保全形農業   

8月26日(火) 薄曇り

 県事務所から「環境保全形農業のオープン研修会」の案内がありアイワより2名で参加する。
 見学地は合鴨農法の水田なので期待せずに行ったが予想どうりで、栽培者は余りもうけにもならない来年から大幅に縮小するとのこと。それより驚いたのは参加者約25名のうち農家はたったの8名、残りは県、試験場、JAの人達。
 後の話し合いで主催者は、県の認証している特別栽培農産物「エコファーム」の認定者も管内に600人ほど居り環境保全形農業への関心が高い地域だと言っていたが。今日の参加者で有機JAS認証者は4名、「エコファーム」認証者4名を見ると、県行政が勧める環境保全形農業なんて口先だけ、農家も「エコファーム」のラベルを付ければ有利販売につながる程度の考え方じゃなかろうかと疑ってしまう。

d0141987_1032579.jpg

d0141987_1033163.jpg

d0141987_10332339.jpg

# by ojirimasako | 2008-08-27 10:11 | アイワ研究会 | Comments(0)

今川さん  

8月1日(金)晴れ

 地方紙を見ていると、アイワ研究会会員の今川さんの写真が出ていた。何でも艦艇団に出演したらしく、読むと「特別賞」と書かれているので、すごいお宝ではなくおもしろいものらしい。
放送が楽しみ~~
d0141987_6554041.jpg

# by ojirimasako | 2008-08-02 14:52 | 農村生活 | Comments(0)

連続の慈雨   

7月30日(水)晴れ 

 このところ全国的に集中豪雨や突風であちこちで被害が出ていますが、みかんにとっては不謹慎ながら有り難い天候でした。
一昨日、昨日と夕立で累積雨量約40mmと2日にわたり適量降ってくれたのでよくしみ込んだのではと喜んでいます。みかんの果実は日照りで萎れて来たのが見受けられるようになり4,5日前から潅水を始めていたのでまさに慈雨。

 願わくば8月中にもう一度今回ほどの日照りが有れば昨年のような美味しく仕上がるのにと、早くもお天道さまに勝手なことを願ってます。

# by ojirimasako | 2008-07-30 16:31 | 晩柑 | Comments(0)

せみ   

7月19日
毎日摘果で暑いし~
雨が降ったら降ったで、合羽着て、摘果
そんな時、せみの孵化を見た。大発見である
初めて見た「孵化」(都会人ゆえ)
感動したな~~数分で羽を広げて、奇麗の一言
除草剤もやっていない畑なので雑草蔓で摘果も困難だけど
ほんまに今年裏年?
ただそれだけ
毎日暑いな~   
          
         某アイワ会員のパートナーのこっそり書き込みでした(^o^)
d0141987_14284968.jpg


d0141987_14294337.jpg


d0141987_15294521.jpg

# by ojirimasako | 2008-07-18 22:56 | 農村生活 | Comments(0)

田代暢哉先生の本  

7月13日晴れ

 デコポン研究会から「病虫害の防除ーラクして減農薬」の本を届けにきてくれる。さっそく読んでみるとどこかで聞いた話で、こんな事知ってるよって思い、著者を見ると3年前にアイワ研究会から視察に行った佐賀果樹試験場の田代暢哉先生だった。
d0141987_8433311.jpg

 デコポン研究会は町内のデコポンの栽培農家の集まり、農薬を減らそうとか環境を守ろうとしているのではなく、普通栽培でただ技術を上げようと勉強している集まりなので、農薬を減らして作業とか農薬代を減らすのが目的。だが普通債倍をしている農家も農薬を減らす方向の向かっているのはうれしい限りだ

# by ojirimasako | 2008-07-12 08:17 | 農村生活 | Comments(0)

ハチを見ない  

7月9日(水) 曇り小雨

 昨日の朝、雷が鳴り強雨。今日も小雨が程度は降ったがこれで梅雨明けかも。
温州の摘果を始めた。摘果は単純な作業、つまらない事など色々なことを考えながらやっている。ふと気が付いたのだが、例年なら今頃になると木の枝や岸にハチの巣を見るのだが、今年はまだ見たことがない。たぶん見えない所に巣を作ってるのだろう。ハチの巣が高い所に作れば台風が来ないとか、低ければ来るとか昔から言われているが、ハチは今年の天候をどう予想してるのかな~~。

# by ojirimasako | 2008-07-10 22:49 | 農村生活 | Comments(0)

梅収穫最盛期 

6月19日(木)曇り

 地方紙によるとほぼ半分ほどが収穫が終わったらしい。今年は不作と中国産農産物の薬剤混入問題の影響あり市場価格が高く安定しているとのこと。近年価格が低迷していたので梅農家もホッとしていることだろう
d0141987_9485175.jpg

# by ojirimasako | 2008-06-19 09:49 | Comments(0)

ヘクソカズラ  

6月18日(水) 晴れ

 みかんの極早生種「宮本」根本のヘクソカズラ引き終了。根本のヘクソカズラは草刈り機で刈っても、根が残るのですぐに伸びてきて見てる間に木を覆ってしまう。3、4年に一度木の下に潜って手でカズラを引かねば成らない。これって結構力がいる重労働。こんな事を消費者に知ってもらいた~~い
d0141987_2321499.jpg

d0141987_2343392.jpg

d0141987_2344583.jpg

# by ojirimasako | 2008-06-18 23:08 | 晩柑 | Comments(0)

生理落果始まる 

6月5日(水) 雨

今日も昼までもつかな~~と思ったが、8時頃から降り出した。いよいよ本格的な梅雨入り。

温州みかんの生理落果が始まった。生理落果は動物で云えば受精しても着床しないのに似ている。今年は裏年なので幼果がすくなく、どうしても栄養過多になり生理落果がひどく元々少ない幼果が余計に少なくなるのです。昨年のように豊年の時に生理落下をしてくれると助かるのだが、とかくこの世はままならぬ
d0141987_22325160.jpg
d0141987_2233372.jpg

# by ojirimasako | 2008-06-05 22:33 | 晩柑 | Comments(0)

花落ち  

5月19日 曇りのち雨

数日前に第1回目の消毒(ストロビーゲッターロディー)をやり終える。農業改良普及所の防除指導は黒点病の特効薬ジマンダイセン、これは環境ホルモンが含まれているので効果としては半分以下だがストロビーを使用。
花もほぼ落ちてしまい小豆大の幼果が見えだしました。今年は裏年で下の写真のように新葉が無くびっしりと成っている木は滅多にありません。

d0141987_13193447.jpg

d0141987_13203841.jpg

# by ojirimasako | 2008-05-19 13:20 | 晩柑 | Comments(0)

今年のみかんは不作 

5月12日 晴れ

着花状況からの今年のみかんの作柄予想が、今夜の地方紙に載っていた。豊作年と不作年が繰り返す隔年結果は木の生理上やむを得ない事けど・・・・・・・・

d0141987_9432845.jpg

# by ojirimasako | 2008-05-13 09:43 | 晩柑 | Comments(0)