人気ブログランキング |

奈良から視察と晩柑反省会    

7月29日(木)強雨~曇り

10時過ぎ、「生活クラブなら」の産直委員さん達8名が、アイワの考え方を聞くのと栽培園地の生育状態を見学に来てくれる。あいにく早朝から昼過ぎまで100mmをこす強雨、話し合いはコンテナーとコンパネを出荷場に並べてするのは、百姓では当たり前のことでも都会の人には「会議の場にしては酷すぎる」と思われたかも知れません。降ってはいたがせっかくだからと雨の中を温州、甘夏、清見、デコポン、八朔畑を見てもらった。産直委員の方が見えられるのは滅多にないこと、あれも言いたい、これも知って欲しいと思う事が沢山あったが時間がなくてざんね~~ん。
d0141987_14402417.jpg

 昼から、毎年行っている出荷の反省会は全員集まった。消費者から戻ってきている「生産者カード」のデーターはおおむね良好、苦情や問題点はすくなかったものの、セミノールに酸高が一部に見られたことに対して、酸度検査器を購入し出荷4ヶ月前からの酸度の減少傾向と品質調査のデーター管理。デコポンの痛みに付いては、防腐剤散布を使用しないのを崩さず、園地毎の土壌分析数値を比較し問題点を見いだせないだろうか。等々と前向きは話し合いが薄暗くなるまで続いた。
d0141987_1440437.gif

by ojirimasako | 2010-07-30 10:17 | アイワ研究会 | Comments(1)
Commented by 生活クラブ生協奈良 産直委員会 at 2010-08-03 22:02 x
先日は、お世話になり、ありがとうございました。東氏よりホームページに奈良のことが出ているとメールをいただき、早速読ませていただきました。今年は産直委員会として、近場の生産者訪問を活動の一環として計画をし、アイワさんが今年の最後の訪問地でした。まだまだ、発展途上の奈良であり、委員会です。滞在時間が少ないのであれば、もう少し計画的に、話を進める準備をしなければいけなかったと反省をしています。初めての産地訪問でしたが、おいしい晩柑類がどのような状態で生育しているのかを目のあたりにできたことは良かったと思っています。これからも 私たちが見たこと、聞いたこと、感じたことを一般の組合員にメッセージを発するために、産地に出向くことを続けたいと思っています。来年の供給時期には、委員会として晩柑類を伝えていきますので、何か情報がありましたら教えていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。ちなみに、コンテナとコンパネは全然大丈夫です!!いろんなところでで体験済みです(^v^)              甲斐京子
<< フォークリフト技能講習    せみ          >>